×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口臭の治療を考える:口臭は外科治療でなくなるのか?

口臭は外科治療でなくなるということがあるのでしょうか。体臭ならば、例を挙げるとワキガなども入ってきますが、体臭はレーザー治療で改善するという方法がありますが、口臭の外科治療というのは一応ありますが、その治療は口臭改善目的のためにするのではないのですが結果的に口臭改善にも繋がるということです。口臭の改善にもなる外科治療を紹介したいと思います。その名も歯肉剥離そうは術といいます。歯科院内ではFOP(フラップオペレーションの略です)とかフラップといっているところが多いと思います。口臭というのはプラークや歯石が原因の一つと言われているのですが、その歯石が進んでしまうと目に見える範囲ではなく歯と歯茎の奥底に見えないところについてしまいます。そうなれば歯肉剥離そうは術を行って取り除かなければいけません。まず麻酔をしてメスで歯茎を切ってめくります。広げて中にある歯石をかき出しキレイな状態にして歯茎を元に戻し縫合して終わりです。

口臭の治療を外科治療で行う方法とは

この外科治療を行うことによって歯石は無くなり歯茎も引き締まってきます。そうなればプラークが入る隙間がなくなるので口臭も軽減するというわけです。やはり切るので後は少し痛いですが歯茎が健康に戻り口臭も無くなれば言うことないですね。
最近は口腔内に関心をもっている人が増えてきてますね。特に口臭に関しては誰もが気にしていることではないでしょうか。そんな人が増えてきているので、最近の歯医者さんはどこも口臭測定器を置くようにしているようです。歯科医や歯科衛生士というのは口臭を自分でかいで測定することもできるのですが、口臭測定器を使ったほうが患者さんも納得しますよね。アメリカでも多く使われている口臭測定器について紹介したいと思います。それはインタースキャン社が出している「ハリメーター」という口臭測定器です。ポータブル口臭測定器というのはこのインタースキャン社が出している「ハリメーター」のみだそうです。この口臭測定器「ハリメーター」の特徴というのは検査して数分で口臭を数値的に判断することができるぜ。また口臭の原因もわかるので口臭治療の第一歩となります。

口臭の治療で改善されるのか?口臭レベルとは

口臭レベルを紹介すると、口臭値60ppb以下ならば口臭な無しです。口臭値60ppb以上99ppb以下ならば正常です。口臭値100ppb以上200ppb以下なら少し注意の口臭有りです。口臭値201ppb以上ならば不快感を与える口臭有りということになります。ちなみに徹夜明けで100ppbくらいでタバコを吸う人で200ppbくらいだそうです。タバコの臭いは不快感を与えるかもしれないということになりますね。注意しなければけません。
口臭は誰もが気になりますし、できれば防いでおきたいと思いませんか?芸能人は人一倍口臭にも気を使っておかなければいけないでしょうね。私たち一般人でも絶対誰かと会話をしますが、芸能人は逆に会話なしではやっていけないと思います。テレビ番組にラジオ番組、雑誌の取材など、どれも人と接しています。ましてやサイン会や握手会などといったファンと絡む時には好感度を下げないためにも気をつけなければいけませんよね。歯のコマーシャルで歯の美白に芸能人が使われているのは見たことありますが、口臭のコマーシャルで出ている芸能人を見たことがあるでしょうか。一昔前にやっていたアパガード。東幹久さんが「歯が命」とやっていましたね。

Copyright © 2008 口臭の治療に悩んでいる方に